2010年06月27日

ディスプレイの輝度を落とすと、目の疲れが減るらしい・・・。

今月に入って、ちょっと目の疲れが酷い、、。
何か良い方法がないものかと調べていると、ディスプレイメーカーのナナオのHPで面白い記事を発見!
なんとディスプレイの輝度を落とすと、目の疲れがグッと減るらしい・・・。

具体的には、ディスプレイのスイッチかグラボの設定で、輝度を30%〜40%に下げるんですが、目安として、白色の紙をディスプレイの隣に置いて、画面の白部分とほぼ同じ明るさにすると、丁度それぐらいになるみたいです。

、、で実際にやってみると、、かなり暗い・・・ホントに大丈夫なのか?(笑)
う〜ん、、明るい方が見やすいと思ってたのですが、、。

とりあえず1週間ぐらい身をもって試して、結果はブログで発表します(^^)
posted by ハンバーグ係 at 01:00| Comment(3) | 日常

2010年06月16日

男の子のカットは意外と難しいですね。

100605.jpg

女の子ばかりだと一人芝居みたいになってしまうので、男の子のカットも必要なんですが、何が難しいって、入れる場所と量でなんですよ。
テスト動画でプレビュー確認してる時、「おぉ、、、良いモーション、、って、Hシーンで一番良いところで、男の顔アップがド〜ンって、、、なんかちょっと、心臓に悪いぞ・・・(笑)」

それにしても、絵コンテを描いてた時は、「もう少し多い方が良いかな?」なんて思ってたんですが、作り始めると「想像してたよりボリュームあるなぁ・・・(笑)」って。
まだまだ、掛かりそうです。(^^);
posted by ハンバーグ係 at 12:44| Comment(7) | 同人

2010年06月13日

最近のカメラってファインダーが無いんですね(驚)

知り合いがコンパクトデジカメを買いたいということで、ヤマダ電機に行ってきました。
カメラっていうとシャッターを押せば、そのままの画像が撮れるって常識になってるんですが、これ実は違っているんですよね。

カメラは、人間が目で見るほど広い明るさの幅を撮れないので、撮影するシーンの状態から全体をバランスよく撮れるように補正してるらしい。
昼間に撮ったはずなのに妙に暗かったり、夜にフラッシュを炊いて撮ったら妙に白くて恐怖新聞になったとか・・・、よくありますよね(笑)

大まかに言えば、撮影するシーンが、、
・白色の面積が広い場合 → 暗くなる
・黒色の面積が広い場合 → 白くなる
こういった場合は、シーンモードを使うと意外と綺麗に撮れてグーだったり。(^^);


、、で、その友人が買ったデジカメで撮影に行ったらしいんですよ。
「おかしいなぁ、、全部、茶色い画像になっちゃうんだけど、これって不良品?」
設定を見て見ると、、、【仕上がりをセピア調にする】になってるよ〜!(笑)

「何とか普通の色に戻せない?」
「出来るか〜!(笑)」
posted by ハンバーグ係 at 07:18| Comment(0) | 日常

2010年06月06日

廊下の背景セットを制作

100606.jpg

今回は廊下のシーンが、ちょっとだけ出てくるんですが、そんなに何度も出ないので背景セットを作るべきか2Dで描いて済ますか、、、迷った結果、とりあえず作ることに。

そんなわけで、近くの小学校まで見に行ってきました。(^^)
自分が小学生の頃、授業を受けていた理科室が、そっくりそのまま残ってたのを見てちょっと感動・・・。

外から見るだけなので悪いことしてるわけじゃないんですが、何故かコソコソしちゃいます・・・。(笑)
posted by ハンバーグ係 at 00:47| Comment(0) | 同人